2月末に出版されました「たった1分!あてるだけで キレイが目覚める ドライヤーお灸」
お灸癒しのコルギサロン_ドライヤーjpg
復元ドライヤーを使って「お灸」ができる!と、早速本をご購入いただき「お灸やってます!良い感じです!」とご報告くださったお客様もいらっしゃいます(^^♪

体の「冷え」は良い事がひとつもありません(>_<)
冷えると血流やリンパの流れも悪くなり、むくみ、だるさを感じ、代謝も免疫力も低下します。
また、冷えは「不定愁訴(頭痛・イライラ・不眠など、何となく体調が優れず、検査をしても原因となる病気が見つからない状態)」のひとつでもあり、東洋医学では「未病(病気を引き起こす前兆)」とも言われ、「冷えは万病のもと」もよく聞きますね。
逆に体を温め、冷えを予防するだけで「美力☆復元」「代謝をあげて健康に太りにくい体作り」「血液・リンパの循環アップ」「老廃物排出アップ」などなど、良い事づくしです(*^^*)

人の身体には、たくさんのツボがあり、このツボを刺激する事で体のバランスを整え、体調不良を改善に導きます。
ツボを押したり、マッサージ、鍼も効果的ですが、熱による刺激「お灸」は、体を温める相乗効果も働き一石二鳥!

「お灸」というと、もぐさに火をつけて・・・古っ(^^;)
癒しのコルギサロン_お灸
お手軽な商品(せんねん灸など?)もあり、今は火も使わずにできるお灸もあるそうですね・・・(^^;)

でも、更にお手軽に・・・
「気になるところやツボに、ドライヤーの温風をあてるだけ!」の「ドライヤーお灸」がおススメです(*^^*)

ドライヤーの中でも、必ず髪に潤いを与える「マイナスイオン発生」&「熱すぎない、低温弱風が出る」優しいドライヤーを選んでくださいね。
復元ドライヤーは、育成光線とマイナス電子の風によりお肌を潤わせ、且つ、60~65度の低温設定の弱風を使うと「ドライヤーお灸」に最適です(^^)v
癒しのコルギサロン_ドライヤー2

方法は簡単!(^^)!
☆ 低温の温風設定にする
☆ ツボや気になる箇所に吹き出し口を、お肌から5~10㎝離して風をあてる
☆ 約1分程度で「熱っ!」と感じたら離す(何度繰り返してもOK)

但し、以下の点にご注意点ください。
1.怪我、傷の箇所、痛みで熱を持っている箇所にはあてない。
2.妊婦さんは、妊娠中には避けた方が良いツボもあるので、やらない。
3.「熱っ!」のタイミングがわからないので、他人には行わない。
4.我慢し過ぎるとやけどの可能性があるので、熱いと感じたらすぐ離す。

これから気温が上がりますが、電車や室内では、エアコン等で体を冷やしてしまう季節でもあります。
ドライヤーお灸で、ツボの刺激と身体をあたためて、バランスを整え元気に過ごしましょう!