正しいUVケア

梅雨の合間の「🌞晴れの日🌞」は、眩しい太陽の光と共に、紫外線も強くなってきます。
20230602-1
これから夏に向けて更に紫外線への注意が必要になって来ますので、UVケアはとっても重要です!
老化の80%は紫外線が原因と言われているほど・・・
「紫外線」を出来るだけ防ぐためにも、正しいUVケアでお肌を守りましょう~!
20230602-2

1.PA とSPF
どちらも紫外線(UV-A、UV-B)を防ぐ効果を示す値です。
・PA: UV-Aに対する効果 「+」~「++++」の4段階
・SPF:UV-Bに対する効果 日焼けするまでにかかる時間を20分間とし、どの位延長できるかを数値で表したもの
※ SPFの最大値である「SPF50」の製品は、UV-Bの防御効果を(50×20分=1000分)持続させるという意味
通勤で駅まで歩く場合と、1日中アウトドアを楽しむ場合とでは、紫外線を受ける影響が違うため、外出時間や外出先など、自分の行動スタイルにあったPA値とSPF値の日焼け止めを選ぶことが大切です。

2.紫外線吸収剤と紫外線散乱剤
・紫外線吸収剤:紫外線を吸収することで、肌に紫外線が到達することを防ぐ
・紫外線散乱剤:の表面で紫外線を散乱、反射させ、紫外線から肌を守る
下表のとおり、お肌が弱い方は、紫外線吸収剤が入っていないものを選ぶほうがお肌のトラブルが起きにくいので安心です。

メリット デメリット
紫外線吸収剤 ・白くなりにくい
・紫外線を遮断する力が強い
・肌トラブルが起きやすい
紫外線散乱剤 ・紫外線散乱剤に比べて、肌トラブルが起きにくい ・白くなる

 

3.誤ったUVケアとは?
20230602-3
スキンケア前に日焼け止めを塗る
☛スキンケア後に日焼け止め➡化粧下地➡ファンデーションです🌼
外出直前に塗る
☛外出の30分前には塗っておく(お肌に浸透させる時間が必要)🌷
外出せず室内のみなのでUVケアは不要
☛室内(窓際は特に注意)にも紫外線は入り込むので、UVケアは必要🌻
朝だけ日焼け止めをしっかり塗る
☛日焼け止めは汗などで落ちやすいため、3時間目安に塗りなおすことで効果が持続🌹
日焼け止めサプリを飲んでいるので、塗るタイプのUVケアは不要
☛サプリを飲んだとしても、しっかり塗るタイプの日焼け止め対策は必要です🌺

日焼け止めを完璧に塗っても、100%紫外線を防げる訳ではありません。
特にアウトドアレジャー・スポーツなど汗をかくことで、しっかり塗ったはずのUVクリームが落ちてしまう…(-_-;)
塗りなおしをする場合、時間があれば一旦メイクを軽く拭き取って化粧水➡化粧下地➡ファンデーションがベストですが、時間が無い場合は、スプレータイプ・パウダータイプの日焼け止めや、UV入りファンデーションで重ね付けして下さい。
20230602-4
最後に日焼け止めクリームを落とすクレンジングはしっかり落としていただきたいのですが、くれぐれもゴシゴシ摩擦洗いはしないように、優しく洗って、その後は保湿をタップリお肌を乾燥からも守ってくださいね(#^.^#)
20230602-5

関連記事

  1. 癒しんコルギサロン_ファスティング復食
  2. 20220409-1
  3. 癒しのコルギサロン_20190307-3
  4. 癒しのコルギサロン_ドライヤー2
  5. 20200520_シェイプマシン
  6. 20211203-4
PAGE TOP