夏のお肌トラブル 3つの原因は・・・・

1.紫外線
夏は年間を通して日照時間が長いので、その分紫外線にあたる時間も多くなります。
そして、夏のこの時期が1番紫外線が強い時期ですねΣ(゚д゚lll)
紫外線は、皮膚の炎症やシミの発生、コラーゲンの減少やエラスチンの破壊などによるハリ・弾力の低下、シワなどの要因となります。

紫外線を防ぐため、UV対策がとっても重要です(^_-)-☆
UVクリーム、日傘、帽子、首回りのスカーフ、手袋、サングラス等、沢山のUV対策グッズを組み合わせて、より紫外線をカットしてください(#^^#)
癒しのコルギサロン_UV対策
先日、大きなつばの黒い帽子、黒のサングラス、黒のスカーフに黒いロング手袋とフル装備して自転車に乗っている方をお見かけしました\(◎o◎)/! 強硬すぎるガード!!!

UVクリームは通常の生活であればSPF20で充分だと思いますが、お顔だけではなく、首回りやデコルテなど、塗り忘れにご注意くださいね。
SPF指数が高い物には、紫外線吸収剤等お肌に負担をかける成分が入っているため、お肌が弱い方はかゆみや肌荒れ等、トラブルを引き起こす場合もあります。
また、海やプールには欠かせない「ウオータープルーフ」は、汗や水に強い分、しっかりとクレンジングを行わないと、日焼け止めの成分が毛穴に詰まり、ニキビ・黒ずみ等お肌のトラブルにつながってしまいます。
日焼け止めクリームの種類によっては、専用のクレンジング剤が必要な場合もあるので、購入時にはチェックしてください。
丁寧なクレンジングと、その後のたっぷり保湿でお肌を守りましょう!

2.汗
夏はちょっと動いただけでも汗が出ますが、汗に含まれる塩分や雑菌により、お肌にトラブルをもたらす場合があります。(汗はアルカリ性で、放置すると雑菌が繁殖してしまうんです💦)
汗を拭く時にゴシゴシこすってしまうと肌を傷めてしまうので、こまめに優しく汗を押さえる、濡れたタオルで拭き取るのもGoodです。

汗を出す汗腺がつまると、汗や皮脂の排泄ができなくなり皮脂膜が作れず、肌のバリア機能が低下して肌荒れやかゆみの原因になります。
皮脂を活発に排出する、チーズ、卵などの動物性脂肪や、ナッツ類、アボガド、オリーブオイルなどの植物性脂肪を摂り、代謝をあげ、汗をかきやすい身体になる事で汗腺の発達を促進させます(#^^#)

癒しのコルギサロン_チーズ 癒しのコルギサロン_ナッツ

3、お肌の乾燥
夏は湿度も高く、空気がジトッとしたイメージなので、乾燥とは縁遠いと思われがちですが、室内のエアコン、扇風機の風によってお肌の水分を奪ってしまうのです(´;ω;`)
汗をかくたびに、洗顔・シャワーを浴びると、肌に必要な水分や皮脂を洗い流してしまい乾燥を引き起こす場合もあります。
エアコン等でお肌が乾燥してきたら、そして洗顔後、シャワーの後も、とにかく「保湿」が大切です。
いつでもどこでもメイクの上からでもOKな炭酸ローション「ECローション¥1,500」は本当に便利で、当サロンでも人気の商品です。
癒しのコルギサロン_ECローション
炭酸化粧水をシュッとひと吹き、リフレッシュ&保湿ができるので、一石二鳥です(^^♪

お肌の露出度が高い夏こそ、トラブルの無い美肌は魅力的です💛
お肌を優しくいたわりながらお手入れして、どんどんキレイになりましょう(^_-)-☆