ロシア人科学者によって開発された周波数を計測し、心と体の状態を周波数で把握する「メタトロン波動測定器」を体験してみました。
ヘッドフォンのようなものを頭に付けて、全身をスキャンし周波数の乱れ、体内のバランス状態を確認し、結果はパソコン画面に表示されます。
臓器や細胞などにはそれぞれの固有の周波数があり、その周波数が乱れると体調を崩す原因になると考えられているので、周波数を測定するメタトロンが開発されたそうです。

メタトロンの測定により、以下のことを教えてくれます。
1.身体の状態を測定し、全身の状態を視覚化
2.バランスが整っていない箇所をその場でメタセラピー
3.合わない食べ物や、合う食べ物、飲み物
4.チャクラのバランス
人の体内はそれぞれ固有の周波数を持っており、食べ物や飲み物、個体の物にも固有の周波数があります。
本人の周波数に共鳴しやすいものを食べたり、身に着けると周波の乱れが起きにくく、良いということですね。

宇宙飛行士が宇宙に行くと、お医者様がいないので、メタトロンで健康状態を管理することもあるそうです。
また、バランスを崩している箇所の周波数をその場で調整してくれるメタセラピーも一緒にでき、メタセラピーによってどの位(何%)改善できたかも表示してくれます。
病気の診断や治療とは異なり、自分自身の体内状態を知ることで、その後の健康管理に役立つものですね。

私の結果は・・・・
最初は半信半疑でヘッドセットを装着し測定開始!
ヘッドセットから微弱な磁気周波が流れますが、本人は全く何も感じることなく、レントゲンやCTのような放射線を用いたりするわけではないので、人体にとても優しい測定方法で、短時間で体内の状態が画面に映し出されます。
バランスが悪い部分は「赤く」表示されるのでドキッとしますが、全身(脳や臓器は勿論、血液、骨の状態まで)測定は進みます。
私が1番驚いたのが、事前に提供するのは生年月日、性別、血液型のみなのに、最近「痛みが出て気になっていた箇所」や測定当日「調子が悪いと感じた箇所」が、顕著に表示されたことです。
1.腰と股関節は、職業病なのか最近痛みを時々感じて気になっていましたが、その箇所が赤く・・・
癒しのコルギ_20190824-1
癒しのコルギ_20190824-2
2.右目が測定当日、コンタクトレンズを入れるとゴロゴロ痛みがあり、何度も洗って入れなおしたのですが、右目にしっかり赤い箇所が・・・・
癒しのコルギ_20190824-3
また、内臓は全く意識していませんでしたが「胆のう」が赤く表示され、これはメンタル面が影響されているそうで、常に何かを考え続けて休まっていない状態で、「自分のためだけの時間を作って、のんびりストレスフリー状態になることが必要」とのことでした。
癒しのコルギ_20190824-4
8月は特に「シミケア専門サロン 51Soleil」の立ち上げに伴い、忙しく常に緊張状態が続いたのは事実ですので、本人は特にストレスを感じていなくても、何かしら体にサインが出てくるものなのですね(^^;
周波の乱れは、心と体の両面から出てくるので、両方とも整えていくことが本当の健康です。
まずは自分自身の体の内側を知ることが大事ですね(#^.^#)

私に合う食べ物は「イチジク、バナナ、カボチャ、赤ワイン、オリーブオイル、そば」合わない食べ物は「唐辛子、カシューナッツ、鶏肉」だそうです。
不調な部分の波動を調律してくれる「合う食べ物」は、普段から好んで食べている物でしたので、自然と好きなものを自分でチョイスしているのかもしれません。
あっ!でも、アルコールは断然ビール派なので、ビールの次にチョイスする時には「赤ワイン」にしようと思います(笑)